チェコビーズについて

カタチ・カラーについて

たまにこんなお話をお聞きします。
「チェコビーズは、不揃いで・・・どうして?」
「どうして?チェコビーズは、大きさ・カタチが微妙に違うの?」
「どうして?チェコビーズは、カラーが微妙に異なるの」
チェコビーズへのどうして?にお答えします。

チェコ西部・ボヘミヤ地方のガラス工場でつくられたビーズのことをチェコビーズと呼びますが、数十カ所のガラス工場が存在すると言われています。チェコビーズは、「チェコ地場産業がつくる名産品のひとつ」というわけです。そのうえで、日本の地場産業、例えば、陶器などを想像すれば、カタチやカラーが不揃いな理由も納得いただけるのでは?と思います。これに対し、スワロフスキービーズは、カタチ・カラーともにスワロフスキー社の同一規格のビーズとして生産される画一的工業製品です。

チェコビーズは画一的工業製品と違い、職人の人肌感覚があふれるビーズです。むしろ、そこがチェコビーズの特性、チェコビーズの良さです。そして、スワロフスキービーズにはないぬくもりを楽しんでいただければと思います。

カラー名称について

こんなお話もお聞きします。
「チェコビーズのカラー名は、少し変?」
「お店ごとに呼び名が違う!」

このお話もしましょう。ただ、そのためには、チェコの歴史を少し理解いただくことが必要です。
80年代末まで、チェコは、すべてが国家管理される共産主義の国でした。ガラス産業も14世紀から続く重要な産業(中世ヨーロッパのステンドグラス技術を支えたのはチェコガラス産業)として、ビーズのカタチやカラーも共通の番号で国家管理されていたそうです。今も多くのガラス工場でこの番号は多少の変化をしながらも使われています。ただ、スワロフスキー社のような画一的生産基準の番号ではありませんし、番号ごとに対応するビーズ名・カラー名の存在もありません。私ども輸入業者が、独自に番号ごとに名称を決めているのが実情です。

当社の取り扱い商品のなかには、全くもって当社独自のカラー名もございますので、画像にて判断ください。ただし、パソコンモニターによってカラーが微妙に異なることをご承知おきください。

支払・配送方法について

支払方法
配送方法
発送まで

お支払い方法

PayPal
コンビニ後払い
代金引換

SSL暗号化で安心!

当サイトは、情報を安全に提供して頂くために、「高度なセキュリティ」と「信頼性」で定評のあるコモドのSSLを利用しております。

営業日カレンダー

の日は、商品の発送・メールの返信をお休みいたします

2017年7月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031